所得税の節税をしよう!マンション経営で効率的に行うポイント

マンション経営の必要経費と節税

少しでも所得税を節税して手元に残るお金を増やしたいと考えたら、マンション経営を始めるのが効果的な方法の一つです。もともと本業による所得がある場合に、マンション経営による所得がマイナスになっていればその金額を引いて合わせて考えることができます。重要になるのはマンション経営による収入は減らさずに必要経費を増やすことです。特に手元から出ていってしまうお金は増やさないように工夫をするのが節税効果を高めるのに欠かせません。

必要経費の減価償却費の活用

マンション経営の必要経費として減価償却費を活用するのが効率的な節税の方法です。減価償却費とは建物や設備などが経年劣化によって価値が低下していくという考え方に基づいて生まれている経費であり、毎年、建物や設備の耐用年数と評価額に応じて必要経費として計上することができます。この金額が大きいマンションを購入しておくと、実質的には現金支出はないのに所得を減らすことができて節税を効果的にじつげんできるでしょう。

多少は現金が減っても節税は可能

日本では累進課税制度が取られているため、現金が減る形で経費を使用しても結果的に納税額を減らせる場合があります。累進課税制度では一定の所得以上になると税率が高くなるのが特徴です。その境界線付近の所得の場合に、少し経費を増やして所得を減らすと税率が減って大幅に所得税を減らせます。年末が近くなった頃に予め所得を計算して想定しておき、適切に必要経費を上乗せすると現金支出があってもそれ以上の節税ができる可能性もあるのです。

マンション経営とは自分のマンションを人に家賃をとって貸すことです。間に不動産会社を通す場合と個人的にする場合があります。