マンションを購入して経営する三つのメリット

経営によって収入源にできる

マンション経営をするメリットとして筆頭にあがるのが賃貸経営によって家賃収入を得られることです。購入するには大きな費用がかかることは否めません。しかし、定常的に収入が得られるので、その一部をローンの返済に使っていけば問題ないでしょう。マンション経営を安定させておければいつの間にかマンションが自己資産になってしまうというメリットもあります。経営が安定している限りはずっと収入源にできるのがメリットです。

節税に活用できる投資方法

マンション経営をするメリットとして節税に活用できる点も重要です。マンション経営に必要になった経費は所得から差し引けるため、大きなローンを組んだり、減価償却の大きいマンションを購入したりすれば所得をマイナスにできます。すると本業による所得を減額して所得税を計算できるため節税ができるのです。また、相続税も削減可能なため、形成した資産を極力減らさずに子孫に渡す目的でも有用なのがマンション経営による投資と言えます。

インフレに強い資産形成

マンション経営のためにマンションを購入するのはインフレに強い資産形成の方法です。インフレが起こると現金の価値は現物に対して下がってしまいます。しかし、マンションやマンションが建っている土地は物価の上下に応じて変化するためインフレになれば価値が高くなるのです。また、家賃はインフレになれば高くできる可能性もあります。インフレになって資産が実質的に減ってしまうのを防ぐのにも適しているのがマンション経営なのです。

トラストインベストメントの使い方を正しく理解することで、初心者であっても投資性の高いものをすぐに見抜くことが可能となります。