賃貸マンションで行っておいた方がよい防犯対策

カギは交換しておいた方がよい

最近では、賃貸物件の空き巣の件数も増えてきています。そこで、空き巣被害対策として、カギは最初に交換しておいた方がよいといえます。賃貸の場合、前の入居者も同様のカギを使用しているカギを渡されることがありますが、このような場合、前の入居者とその関係がある人が合鍵を持っている可能性があるからです。ですから、入居する前にカギの交換をしっかりとしておいた方が安心といえるでしょう。ただし、カギの交換は事前に大家の許可を取っておくことが必要になってきます。

窓のガラス破りへの対策

賃貸の場合は、玄関だけではなく、ベランダが侵入経路になることが多いです。階数の高い部屋に入居する場合は、比較的安全といえますが、階数が下の階に住む場合は注意が必要になってきます。ベランダから侵入するケースでは、窓のガラスが割れないように対策を講じておくことが必要になってくるといえるでしょう。そのためには、窓に防犯フィルムを張り付けたり、サッシの上下部分い補助錠を取り付けるなどの対策が考えられます。

ゴミを出すときは個人情報が漏れないように注意

ゴミは何気なく捨ててしまうという人も多いかもしれませんが、もしゴミの中に銀行の利用明細や電話料金の明細書、個人を特定することができてしまいそうな郵便物などをそのまま捨ててしまうと、そこから個人情報が知られてしまい犯罪に利用される恐れがあるので注意が必要になってきます。この場合の対策としては、できればゴミ袋を2つに分けて、個人が特定される書類などは別にして、さらにそれらの書類などは細かく切り刻んで捨てるということが有効な手段となります。

森の賃貸マンションは、転勤者が非常に利用しやすい賃貸マンションになっていて、急な転勤にも対応することができます。