賃貸に住むのはどこがお得?賃貸の3種類を比較します!

賃貸アパートは安い賃料が魅力

まず、賃貸で思い浮かべるのは、アパートかと思います。そこで、賃貸アパートの特徴として、賃料の安さが大きなメリットでしょう。しかし、なぜアパートは賃料が安いのかと言うと、部屋の壁などが薄く出来ています。そのため、アパートを建設するのに、費用があまりかからないので、賃料が安く設定されているのです。しかし壁が薄いと、隣の部屋から住人の声が聞こえやすくて、近隣トラブルになりやすいというデメリットもあります。

賃貸マンションは、防音や防犯機能が備わっています

賃貸アパートに比べて、賃貸マンションは壁が厚く出来ているので、隣の部屋から住人の声が届くことは少ないでしょう。その代わり、マンションは建設費が高くなり、賃料もアパートに比べると高く設定されています。しかし、多くの賃貸マンションには、オートロック機能が付いている物件が多いのです。そのため防犯機能も充実しているので、女性から人気があります。そして、賃貸マンションで、他に人気がある設備は宅配ボックスでしょう。この宅配ボックスがあれば、部屋に不在でも、少し大きめの荷物でも宅配ボックスに入れてもらえるのです。そのため、部屋に不在の時に荷物が届いても、後になって再配達を頼まなくて済みます。このように賃貸マンションには充実した設備が揃っているのです。

賃貸一戸建てはペットも飼えます

多くのアパートや、マンションでもペットを飼える物件は増えてきました。しかし飼える物件は、まだ少ないのが現実です。そして、ペットが飼える物件でも、隣の部屋までペットの鳴き声が響く場合もあります。そのため、大人しいペットであれば、近隣トラブルにはならないかもしれません。しかし、よく鳴くペットであれば、近隣トラブルになる場合もあります。それに比べて、賃貸一戸建ての場合は、ペットの鳴き声を気にする必要はないでしょう。そして、庭のある一戸建てであれば、広い庭でペットと遊ぶことも出来るのです。ただし、デメリットとして町内会の付き合いなどが出てくるので、人付き合いが苦手な方には合わないかもしれません。

賃貸を探しに行くにあたって、漠然と何も調査せずに仲介会社などに出向くことはとっても無謀です。ネットなどでだいたいの住みたい物件をピックアップしておくと良いでしょう。